各種ボード加工/切り抜き加工

インクジェット出力+ボード加工・切り抜き加工

半光沢紙
+スチレンボード
5mm/7mm
半光沢紙
+ラミネート
+スチレンボード
5mm/7mm
半光沢紙
+ラミネート
+スチレンボード
+アルミフレーム
5mm/7mm
半光沢紙
+WBラミネート
+スチレンボード
5mm/7mm
合成紙
+透明アクリル
裏貼り
5mm
塩ビタック
+ラミネート
+マグネット
0.8mm
塩ビタック
+ラミネート
+アルミ複合板
3mm
主な用途 屋内展示パネル 屋内展示パネル
表面保護
屋内展示パネル
グレードアップ
イベントパネル
ホワイトボード
仕様
高品位フォト
アクリル
タイプ
屋内サイン
屋内外サイン
マグネット
方式
屋外看板
A3
(297x420mm)
1,400円 2,000円 2,800円 3,500円 4,800円 4,000円 3,000円
B3
(364x515mm)
2,100円 2,800円 3,600円 4,900円 7,200円 6,000円 4,300円
A2
(420x594mm)
2,300円 3,000円 4,000円 5,100円 8,000円 6,700円 4,700円
B2
(515x728mm)
3,100円 4,000円 5,100円 6,600円 13,000円 9,300円 6,300円
A1
(594x841mm)
4,300円 5,400円 6,500円 8,500円 13,600円 13,200円 8,700円
B1
(728x1030mm)
6,400円 7,700円 9,000円 11,400円 20,000円 18,500円 12,700円
A0
(841x1189mm)
8,500円 10,800円 12,400円 15,700円 24,200円 26,500円 17,400円
B0
(1030x1456mm)
13,700円 16,600円 19,100円 24,400円 38,600円 - 27,200円
900x900 6,400円 8,100円 9,400円 12,800円 20,900円 19,800円 13,000円
1000x1000 9,100円 11,000円 12,700円 16,300円 22,300円 - 17,700円
1200x1200 12,400円 14,700円 17,100円 21,000円 42,600円 - 24,600円
3x6
(900x1800mm)
12,800円 16,200円 18,600円 25,600円 37,500円 39,700円 26,200円
1x2
(1000x2000mm)
18,300円 22,100円 25,500円 32,600円 44,600円 - 33,000円
4x8
(1200x2400mm)
24,800円 29,400円 31,500円 42,000円 92,500円 - 49,300円

※価格はすべて税抜きです。
※ラミネートフィルムは、屋内用途品には短期用UVカット無しのグレードを使用します。
屋外用途品には中期屋外用UVカット有りグレードを使用します。
ツヤ有り(グロス)かツヤ無し(マット)のいずれかをご選択ください。
※アルミフレームはA型シルバーとなります。

Page top

マルチカット(切り抜き加工)

ルーターカット 厚さ30ミリまで アクリル、アルミ複合板、木材、塩ビ、フォーレックス、etc 800円/m
ブレードカット 厚さ8ミリまで スチレンボード、ダンボール、板紙、etc 500円/m

Kongsberg XL-22最大作業領域※専用CADでベクトルデータから全体の長さを求めることができますので、お見積もりの際はデータを添付してください。
※上記以外にもカット可能です。お問い合わせください。
(素材サンプルを支給して頂く必要がある場合もあります)

スチレンボード参考例

スチレンボード参考例

発泡スチロール系素材。簡易用途向けに作られており、長期の使用には向きません。カッターナイフ等で簡単に切断できますが、内部から発生するガスによって貼付け物が膨れたり、日光などの熱によって反りが生じることがあります。屋内での通常使用で1年程度の耐久性と思った方がよいでしょう。アルミフレームを施すスタイルは展示会などではスタンダードです。パネルクリップと組み合わせても面白い効果が得られます。

ゲータフォーム参考例

ゲータフォーム参考例

硬化ポリスチレンを芯材に用いた発泡ボードで、表麺には耐水性の人工繊維合板(ウッドファイバーベニヤ)が両面に接着されており屋外での使用も可能。軽量で反りが少なく高級感もありますが、スチレンボードのように安価ではありません。カッターで切断できますが、型抜きは人間の手では少々難しいです。

アルミ複合板参考例

アルミ複合板参考例

軽量樹脂を薄いアルミの板でサンドイッチした看板素材です。軽量でいながら反りも少なく、安価なため、屋内外を問わず看板製作の材料として広く使われています。俗に「アルポリ」と呼ばれますが、実はこれは商品名で、ジャンルとしてはアルミ複合板が正しいです。カットするには機械を使う必要があります。弊社ではルーターを使用してカットするため、切り口も滑らかに仕上がります。

Page top

特殊加工

通常のボード加工以外にも、kongsbergの高い精度を生かしての加工が可能です。その一部を参考例としてご紹介します。

参考例A

参考例A

アルミ複合板を曲げることで立体成形しています。3ミリ厚のアルミ複合板を0.8ミリ程度残してカットすることで、曲げが可能になります。そうして成形したベースにミラーアクリルとカッティングシートを貼りつけ、装飾をしています。各パーツの切り出しにはかなりの精度が要求されますが、kongsbergなら難なくこなせます。

参考例B

参考例B

インクジェット出力を貼った木工ベースの上に浮かしでカラーアクリルを取付けています。そのアクリルには世界地図が彫刻してあります。アクリルがエッジプレートという断面が光の反射で光る特性を持っているため、彫刻箇所が天井に取付けたブラックライトを浴びて浮かび上がります。特殊効果を狙ったウインドウディスプレイです。

参考例C

参考例C

営業ツールとしてカットサンプルを入れておくケース内部に取付けた緩衝材です。サンペルカL-1400という硬めのウレタン系素材をkongsbergのルーターを使って削りました。納めるサンプルがピッタリはまるのはやはり精度が高い所以でしょう。取り出し易いように指を入れる箇所は他よりも深く掘り込んでいます。図面を描くことさえできれば、基本的にどんな形状にも対応できます。

参考例D

参考例D

やはり営業ツールとして製作したサンプルです。フォーレックスという素材を使っています。固いので樹脂のようですが、発泡剤です。これを文字部分を残して周りを削ることで、文字が貼付けではない、1枚もので仕上がっています。あえて文字部分に色を付けずに、高級感を出しています。木材でも同じことが可能です。

Page top
アート工業株式会社
SIGN&DISPLAY WORKSPACE
〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-19-12
TEL:03-3379-0444
FAX:03-3379-2729
定休日:土日祝
アクセスマップ